ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

軽はずみな誘惑 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十二歳と三十三歳、ラジオのDJと大企業の最高経営責任者。チャリスとリチャードの出会いは最悪だった。「ぼくの甥に手を出さないでくれ。一族の金が目当てだろう?」リチャードは初めて会ったチャリスに、ぶしつけに言った。彼の甥のケルに宛てた留守番電話のメッセージを聞いて、チャリスが十八歳の甥を誘惑していると勘違いしたのだ。チャリスはただ、ケルが送ってきたDJのテープを聞き、会いたいと言っただけなのに、いくら説明しても信じてもらえない。どうしてこんなに頑固なの?テープのできをほめてあげたのに。なぜ彼女はこうも軽はずみなんだ?まだ十代の若者を相手に…。ふたりは、お互いの大きな違いに気づかざるをえなかった。しかし、同じものも感じていた―なぜか求め合う、強い欲望を。彼女に近づいてはいけない。リチャードはそう言い聞かせながらも、甥が結局チャリスの下で働くことになると、怒りにまかせて、自分でも思いがけない態度に出てしまう。

天使の眠る間に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
自動車部品工場を経営するウェッブは、悩みを抱えていた。一年前に交通事故で妻を亡くし、残された娘はまだ一歳。祖母のカミーラは、幼い娘には母親が必要だと、毎晩のように花嫁候補を自宅に招いている。それに対抗するには、花嫁としてふさわしくない女性を、自分の婚約者と偽って祖母に紹介するしかない。ウェッブは、工場でアルバイトとして働くジェイニーに目をつけた。気が強くて男まさりで、絶対に祖母の気に入らないタイプだ。ウェッブはジェイニーを呼び出し、単刀直入に持ちかけた。「しばらくの間、僕と婚約するというのはどうだろう?」ジェイニーはあっけにとられたが、話を聞いて納得した。苦学生の身としては、報酬がたっぷりもらえるなら引き受けてもいい。二人の思惑が一致し、やがて偽りの婚約は実行に移された…。

最初で最後のラブレター―愛を約束された町〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ネルは最愛の夫ジェイクを三年前に不虜の事故で亡くしたあと、二人の子供と義理の母親を抱えて牧場を守ってきた。義母をはじめ、みんなが再婚を勧めるが、そんな気にはなれない。あるとき、ハイウエーに車を走らせていたネルは、路肩に車をとめて写真を撮っている男性に出くわした。きっと都会の人だわ。嵐が来そうだというのに、のんきなものね。ところが牧場に戻ると、その男性が、町の宿は満室なので、牧場の従業員宿舎に泊めてほしいと言ってやってきた。彼の名前はトラヴィス、職業は作家だという。ゴーストタウンのビターエンドのことを聞き、取材にやってきたのだ。そのとき初めてネルは気づいた。彼が亡夫とどこか似ていることに。でもトラヴィスに惹かれてはいけない。ネルは自分に言い聞かせた。そう、彼はいずれ都会に帰っていくのだから…。

手紙 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十七歳のジョアンは複製画家としてすでに高い評価を受けている。八年前、イタリアに一年間留学して美術を学んでいたとき、同級生のレナータの家に招待され、毎週末を過ごすようになった。そしてレナータの兄フランコに会った瞬間、ジョアンは恋をした。フランコは二十四歳、長身で笑顔が魅力的な男性だった。けれど、彼はジョアンを女性としてではなく、妹のようにしか見てくれない。それでも、彼女はフランコのそばにいるだけで幸せだった。あの運命の夜が来るまでは―留学も終わりに近づいたある日の夜、いとこのローズマリーがジョアンを訪ねてきた。その場にいたフランコとローズマリーは一目で恋に落ち…結婚した。子供のころから大好きだったいとこと、初めて愛した男性が。その思いは、八年を経ても、ジョアンの心に深い傷を残している。たとえ今、ローズマリーが心臓発作で亡くなり、フランコが幼い息子と取り残されてしまったと聞いても…。

黒い瞳に魅せられて―愛の遺産〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
三つ子の姉妹―グリアとパイパーとオリヴィアは、先日亡くなった父の遺産を相続した。ところが、その遺産は“花婿基金”と名づけられ、夫にふさわしい男性をさがすためだけにしか使えないという。愛娘の将来を案ずる父の遺志に従い、三姉妹はイタリアのリヴィエラを訪れることにした。パルマ・ブルボン家の末裔の証であるペンダントを身につければ、きっと魅力的な男性が現れるはずだ。リヴィエラに到着すると、一人の男性が長女のグリアに近づいてきた。まるで胸のペンダントに引き寄せられるように…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入り、さまざまな国籍の少女たちと出会った。これが世界を知るきっかけとなる。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

期限つきの花嫁―愛の遺産〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
とうとう独りぼっちになってしまった…。三つ子の姉と妹が結婚し、パイパーは取り残された。寂しさをなんとか仕事でまぎらしていたある日、オフィスに突然の来訪者が現れた。旅先で出会ったスペインの名門一族の男性ニックだ。美しい黒髪と鋭い茶色の瞳が圧倒的な魅力を放っている。あのとき私の愛の告白を冷たく拒絶しておきながら、いったいなんの用があるというのだろう。茫然としている彼女に、ニックは唐突に言った。「親が決めた政略結婚を阻止するため、僕の花嫁になってほしい」。

内容(「MARC」データベースより)
三つ子の姉と妹が結婚し取り残されたパイパーは、寂しさを仕事でまぎらわしていた。そんなある日、オフィスに突然、旅先で出会ったスペインの名門一族の男性ニックが現れ、「僕の花嫁になってほしい」と唐突に彼女に言った…。

おしゃべりな口づけ―薔薇色の人生をあなたに〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
オータムとクレイは、隣り合った牧場で育った幼なじみ。そんな二人を周りの誰もが、いずれ結婚するものと信じている。クレイの彼女を守ろうとする態度はずっと変わっていない。口を開けば、わたしへの責任と義務ばかり。それじゃ、わたしはあなたの牧場の家畜と同じじゃない!オータムは自分の人生は自分で決めたかった。ある日、彼女は新聞の結婚相談所の広告に目をとめる。今年のロデオ大会のパーティーにクレイ以外の人と行ったら、みんなはどんな顔をするかしら?彼女は相談所でお互いの相手を見つけようとクレイに持ちかけ、イエロー・ローズ・マッチメーカーに二人で入会する。コンピューターが選んだ相性が最高の相手とは、はたして…。

もう一度恋して (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
新婚当初、ドミニクはわがままばかり言って夫を困らせた。年上で経験豊かな彼にいつも引け目を感じていたし、いつ捨てられるかもしれないと、びくびくしていたせいだろう。でも今のわたしならアンドレアスに堂々と向き合い、もう一度やり直す自信がある。彼女は決意を胸に、彼のもとを訪れた。「ひと月いっしょに暮らして、二人の可能性を確かめたいの」アンドレアスは驚いたようにこちらを見つめている。無理もない。離れて暮らしていた間に、わたしはすっかり生まれ変わったのだから。

内容(「MARC」データベースより)
新婚当初、ドミニクはわがままばかり言って夫を困らせた。年上で経験豊かな彼にいつも引け目を感じていたし、いつ捨てられるかもしれないと、びくびくしていたせいだろう。でも今のわたしならもう一度やり直す自信がある…。

幸運を呼ぶキス―愛を約束された町〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父が病死し、母が町を出ていったあと、エリーは気丈にも、一家の食料雑貨店を一人で切り盛りしていた。そんな彼女の心の支えは、兄とともに牧場を経営しているグレンだ。二人は、誰もが認めるいい友達同士だった。ある夜、父の思い出にひたっていたエリーのもとへグレンがやってきた。彼にやさしく慰められ、エリーは涙がとまらなくなってしまう。そのときだった、グレンがそっとキスをしたのは。彼のキスはすばらしかった。まるで恋人のキスのように…。それ以来、二人の仲はなんとなくぎくしゃくしてきて、しかも、女たらしで有名なウェストン家の末弟リチャードが、エリーに興味を示しはじめたから、グレンも穏やかではいられない。ダンスパーティの夜、エリーを奪い合って、二人の男は殴り合い寸前に。なにもかもあのキスから始まったんだわ。私とグレンの友情はいったいどうなってしまうの。

ポーシャの二都物語 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ホワイトフライアーズ不動産です」ポーシャはオフィスにかかってきた電話に答えた。「明日パリを発って、おたくの物件を見に行くつもりだ」声の主は男性でフランス人。ひどく横柄な感じがする。ポーシャはどの物件が見たいか尋ね、その返事に凍りついた。タレット・ハウスですって…?かつて彼女が住んでいた屋敷。不意に、屋敷のキッチンから立ち上る黒い煙が脳裏に浮かび、遠い昔に失われた、いまわしい事件の記憶の断片がよみがえる。そこはポーシャが、二度と足を踏み入れたくない場所だった。「もちろん、きみが一緒に来てくれるんだろうね?」このときからポーシャは、謎めいた男へと確実に近づいていった。彼もまた、その屋敷にまつわる出来事で、大きく人生を狂わされた一人だと知ることもなく…。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]

ooo千葉の水のおはなし.COMooo AV機器ooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 巣鴨で散策!ooo ビジネス.コレクションooo お笑いタレントooo 使えるフリーメール比較ooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo フード、ドリンク.コレクションooo ~品川の街~ooo Rest for a momentooo おいしいくだものメニューooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo 台東クラブooo AV・カメラ・PCooo 文の京!文京区!ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo