ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

駆け引きは薔薇色 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
実家で経営者兼バーテンダーとして忙しく働く未亡人のマーニーは、久しぶりにひとりで過ごしたくて観光地から外れたメキシコの小さな村へ小旅行に出かけた。慣れない言葉でやっと美しいビーチに家を借りたが初日から嵐の夜とまさかの停電。心細くなっていたところに唯一の隣人が訪ねてきた。それはさっきカフェで会ったスペイン語に堪能な男性だった。美しい金髪、たくましい体、そしてなぜか猜疑心いっぱいの表情。「きみは何者なんだ?なにが狙いだ?」JTと名乗るこの人こそ、いったい何者なの。

内容(「MARC」データベースより)
経営者兼バーテンダーとして働く未亡人のマーニーは、メキシコの小さな村へ小旅行に出かけた。慣れない言葉でやっと美しいビーチに家を借りたが、初日から嵐の夜とまさかの停電。そこへ、隣人の男性が訪ねてきて…。

天使の眠る間に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
自動車部品工場を経営するウェッブは、悩みを抱えていた。一年前に交通事故で妻を亡くし、残された娘はまだ一歳。祖母のカミーラは、幼い娘には母親が必要だと、毎晩のように花嫁候補を自宅に招いている。それに対抗するには、花嫁としてふさわしくない女性を、自分の婚約者と偽って祖母に紹介するしかない。ウェッブは、工場でアルバイトとして働くジェイニーに目をつけた。気が強くて男まさりで、絶対に祖母の気に入らないタイプだ。ウェッブはジェイニーを呼び出し、単刀直入に持ちかけた。「しばらくの間、僕と婚約するというのはどうだろう?」ジェイニーはあっけにとられたが、話を聞いて納得した。苦学生の身としては、報酬がたっぷりもらえるなら引き受けてもいい。二人の思惑が一致し、やがて偽りの婚約は実行に移された…。

禁断の恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
在宅看護を専門にしている看護婦のミシェルは、怪我をして実家に戻っているザックの見舞いに出かけた。そして、二年ぶりに彼の姿を見て思わず息をのんだ。ザックはあらゆる意味で大人の男性となり、危険なほど魅力的な男性に変身していたのだ。信じられないことに、彼は自宅に戻ったあとの付き添い看護を頼みたいと言ってきた。怪我の痛みにひどく苦しむ彼を見かね、ミシェルは申し出を受け入れてしまった。ザックの魅力に翻弄される日々が待ち受けているとも知らず。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入る。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

花嫁のあやまち (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
大会社のロビーでコリーは後悔していた。父が急死したあと継母に全財産を持っていかれ、自活しなければならなくなった。だからといって経験もないのに秘書の面接を受けるなんて、無謀なことをしてしまったわ。すごすごと帰りかけたコリーに、社長がダークブルーの瞳をきらりと光らせ、呼びかけた。「実は、きみにもっとふさわしい仕事があるんだ」。よかった!コリーは期待に胸が躍った。こんな私にできるのは、いったいどんな仕事。

内容(「MARC」データベースより)
大会社のロビーでコリーは後悔していた。経験もないのに秘書の面接を受けるなんて、無謀なことをしてしまったわ。帰りかけたコリーに、社長がダークブルーの瞳を光らせ、呼びかけた。「きみにもっとふさわしい仕事があるんだ」

手紙 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十七歳のジョアンは複製画家としてすでに高い評価を受けている。八年前、イタリアに一年間留学して美術を学んでいたとき、同級生のレナータの家に招待され、毎週末を過ごすようになった。そしてレナータの兄フランコに会った瞬間、ジョアンは恋をした。フランコは二十四歳、長身で笑顔が魅力的な男性だった。けれど、彼はジョアンを女性としてではなく、妹のようにしか見てくれない。それでも、彼女はフランコのそばにいるだけで幸せだった。あの運命の夜が来るまでは―留学も終わりに近づいたある日の夜、いとこのローズマリーがジョアンを訪ねてきた。その場にいたフランコとローズマリーは一目で恋に落ち…結婚した。子供のころから大好きだったいとこと、初めて愛した男性が。その思いは、八年を経ても、ジョアンの心に深い傷を残している。たとえ今、ローズマリーが心臓発作で亡くなり、フランコが幼い息子と取り残されてしまったと聞いても…。

ガラスの靴はいらない (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ダーシーが兄の事務所を手伝っていると、大手デパートの経営者トレイが訪ねてきた。彼が言うには、身内の結婚を店の宣伝に利用し、大がかりなキャンペーンを展開するつもりだったが、突然の婚約解消で計画が宙に浮いてしまった。ほかのカップルを探す暇はないので、トレイ自身が花婿役のモデルをつとめるという。非の打ち所のない男性なのに、まだ独身なの?驚くダーシーに向かって、彼が唐突に切り出した。花嫁役は君にお願いしたい、と。

内容(「MARC」データベースより)
ダーシーが兄の事務所を手伝っていると、大手デパートの経営者トレイが訪ねてきた。身内の結婚を店の宣伝に利用し大がかりなキャンペーンを展開するつもりだったが、突然の婚約解消で計画が宙に浮いてしまったと彼は言うが…。

シークの贈り物―シークと見る夢〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ザーラは、国王の座を狙う継父の計略から国を救うため、元皇太子マリク・ハイダルへの贈り物として旅立った。「国王陛下より、殿下へのお誕生日の贈り物を持ってまいりました」ラーマン王国の使者の言葉とともに、自分を巻いていた絨毯から解放されたザーラは、ぎょっとしているマリクの足元に転がり出た。出会いこそ格好のつかないものだったが、一緒に時間を過ごすうちに、ザーラはマリクに強く惹かれていく。祖国では“ラーマンの災い”と呼ばれているマリクが、こんなに魅力的だとはだれも教えてくれなかった。素性を隠しつつ、マリクへの愛に苦しむザーラ。彼が自分を慰み物としてしか見ていないのがつらかった。心優しくも常に自分らしさを忘れないヒロインと、故あってシークとしての生活から長い間離れていたヒーローが繰り広げる、異国情緒あふれる恋の物語、最終話。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ラクレア,デイ
家族とともに、ノースカロライナ州東岸沖の小さな島、ハッテラス島に住む。毎年激しい嵐に襲われ、しばしば停電に悩まされながらも、それを補って余りある、美しい自然や楽しい釣り、そしてこの上なくすばらしい海の眺めに魅せられて、家族で飼う猫や、息子が飼うハムスターなどに囲まれにぎやかに暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

軽はずみな誘惑 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十二歳と三十三歳、ラジオのDJと大企業の最高経営責任者。チャリスとリチャードの出会いは最悪だった。「ぼくの甥に手を出さないでくれ。一族の金が目当てだろう?」リチャードは初めて会ったチャリスに、ぶしつけに言った。彼の甥のケルに宛てた留守番電話のメッセージを聞いて、チャリスが十八歳の甥を誘惑していると勘違いしたのだ。チャリスはただ、ケルが送ってきたDJのテープを聞き、会いたいと言っただけなのに、いくら説明しても信じてもらえない。どうしてこんなに頑固なの?テープのできをほめてあげたのに。なぜ彼女はこうも軽はずみなんだ?まだ十代の若者を相手に…。ふたりは、お互いの大きな違いに気づかざるをえなかった。しかし、同じものも感じていた―なぜか求め合う、強い欲望を。彼女に近づいてはいけない。リチャードはそう言い聞かせながらも、甥が結局チャリスの下で働くことになると、怒りにまかせて、自分でも思いがけない態度に出てしまう。

心やさしき敵 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
雑誌に掲載された男の写真を見て、ジェスは身を震わせた。キャラハン―父の会社を倒産に追い込んだ男だ。彼の毒牙は今や、私が経営する会社にも及んでいる。いつか彼に復讐してやりたい。そのとき偶然にも、キャラハンがジェスのいる店に入ってきた。彼への恨みを晴らすなら、今をおいてほかにないだろう。ジェスは彼に歩み寄ると、手にしたカクテルを顔に引っかけた。「あなたは根性の腐った人でなしよ!」言い放った瞬間、ジェスは息が止まったような気がした。彼のサファイアのような青い瞳に射すくめられたからだ。

内容(「MARC」データベースより)
父の会社を倒産に追い込み、今やジェスが経営する会社にも毒牙を及ぼしているキャラハンが、偶然にもジェスのいる店に入ってきた。彼への恨みを晴らすなら今、と歩み寄ったジェスは、彼の青い瞳に射すくめられてしまった-。

シンデレラの結婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ペタの人生は危機にさらされていた。伯母が残してくれた土地や財産が、従兄に奪われそうなのだ。阻止するには、数日以内にわたしが結婚するしかない。そうすれば財産を無条件で相続できると、遺言書にはある。そんなことは無理だとあきらめかけたとき、ペタは従兄のオフィスが入っているビルのオーナー、マーカス・ベンソンに出会った。彼はどういうわけかペタに興味を持ったらしく、事情を話すと、信じられない言葉を口にした。「だったら、僕と結婚すればいい」。

内容(「MARC」データベースより)
伯母が残してくれた土地や財産を従兄に奪われそうになっているペタ。無条件で相続するには数日以内に結婚するしかない。そんな時に出会った億万長者マーカスは「だったら僕と結婚すればいい」と信じられない言葉を…。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]

oooぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo 国家の要!千代田区ooo ショッピング 検索ooo あまーい千葉スイーツタワーooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo 千葉県の民俗・風俗ooo 千葉県南房総 館山市.COMooo カフェの歴史から千葉のカフェ紹介まで☆★カフェ千葉★☆ooo 庭いじり道/ホームセンター大好き@千葉市ooo 美容.コレクションooo 歴史千葉ooo おいしいくだものメニューooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 模型大好き!モデラー志願!!ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo ~新宿 Live House~ooo 山手線で行く!Libraryooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo AKIBA-JUNKooo